メニュー項目、アイテム使用、スキル使用で
ワープしてある場所に戻るイベントの作り方
ScreenShot_2019_0419_17_18_00.png

呼び出しのコモンイベントを一つ作り、ワープの演出処理と移動、
メニュー画面やカーソル画像を消す処理を入れます。

■文章:@1\nホームへ戻りますか?
■文章選択肢:/ 【1】はい / 【2】いいえ
-◇選択肢:【1】 はい の場合↓
|■イベントの挿入[名]: ["X[移]メニュー描画"] <コモンEv 88> / -1:消去 / 0:0以上…カーソル位置設定

11.png

|■可変DB書込:DB[基本システム用変数:メニュー消去フラグ:数値] = 1
12.png

|■ピクチャ消去:10000 ~ 10300 / 1(0)フレーム
|■サウンド:SE14「ワープ.mp3」再生 / 遅延:0フレーム
|■サウンド:BGM 停止 / 処理時間:50フレーム

|■トランジションタイプ指定: [2:ワープ] 50フレーム(ウェイト有り)
|■色調変更: R0 G0 B0 / 50フレーム
|■トランジション実行
|■ウェイト:50 フレーム
|■場所移動:主人公 ▲マップID32[ホーム] X:24 Y:26 [トランジションなし]

|■ウェイト:35 フレーム
|■色調変更: R100 G100 B100 / 50フレーム
|■トランジション実行
|■ウェイト:50 フレーム
|■トランジションタイプ指定: [瞬間表示] 25フレーム(ウェイト有り)
|■
-◇選択肢:【2】 いいえ の場合↓
|■
◇分岐終了◇

赤字は必須、黒字はワープ演出なのでお好みで。
このコモンイベントを特殊メニュー、アイテム(イベント起動)、スキル(イベント起動)
から呼び出せば出来上がり。

例えばこのようにメニューからメモ画像を表示させた場合
ScreenShot_2019_0323_09_50_34.png
通常キャンセルキーを押すとメニュー画面に戻りますが
メニュー画面に戻らず一気に消したい時のやり方。

メニューから呼び出すコモンイベントの中にこのような処理を入れます。

メモ画像を表示
■ピクチャ表示:20100 [中心]ファイル「Picture/memo.png」 X:160 Y:120 / 5(0)フレーム / パターン 1 / 透 255 / 通常 / 角 0 / 拡 50% / カラー R[100] G[100] B[100]
どれかキーを押すと一気に消える処理
■キー入力:このコモンEvセルフ変数1 / [入力待ち] 4方向 決定(10) キャンセル(11) サブキー(12)
■条件分岐(変数): 【1】CSelf1 が 1以上
-◇分岐: 【1】 [ CSelf1 が 1以上 ]の場合↓
|■ピクチャ消去:20100 / 5(0)フレーム
|■イベントの挿入: コモン88:[ X[移]メニュー描画 ] / 0:表示 / 0:0以上…カーソル位置設定
|■可変DB書込:DB[基本システム用変数:メニュー消去フラグ:0](メニュー消去フラグ:数値) = 1
khn.jpg
|■
◇分岐終了◇


この可変の書き込みを入れておかないと
カーソル画像だけが残ったり不具合が起こるので忘れずに。

桶から水を補給して畑に撒くみたいなイベントの作り方
ScreenShot_2019_0102_16_44_43.png

・通常変数「水」と「水やり済」を作成
・桶イベントを作り、ページ1に水入り画像、ページ2は空の桶画像にして中身は
■サウンド:SE7「ゲット」再生 / 遅延:0フレーム
■変数操作: このEvのセルフ変数0 = 1 + 0
■変数操作: V4[水] += 2 + 0


・畑の真ん中に矢印イベント(すり抜け)を置き、中身は
■条件分岐(変数): 【1】V4[水] が 1以上
-◇分岐: 【1】 [ V4[水] が 1以上 ]の場合↓
|■サウンド:SE ファイル[SE/水.mp3] 音 100% 周 100% 再生 / 遅延:0フレーム
|■変数操作: このEvのセルフ変数0 = 1 + 0
|■変数操作: V4[水] -= 1 + 0
|■変数操作: V5[水やり済] += 1 + 0
|■
◇分岐終了◇


畑の数だけコピペして、畑の数に応じて桶イベントもコピペして配置します。
全ての畑に水をやったら発動する自動イベントを1個作成。
起動条件は「水やり済」=10の時(畑の数分だけ)にして、中身は
■サウンド:BGM 停止 / 処理時間:15フレーム
■ウェイト:15 フレーム
■サウンド:SE ファイル[BGM/達成.mp3] 音 100% 周 115% 再生 / 遅延:0フレーム
■ピクチャ表示:100080 [中心]文字列[☆任務達成☆] X:160 Y:100 / 7(0)フレーム / パターン 1 / 透 200 / 通常 / 角 0 / 拡 100% / カラー R[100] G[100] B[100]■ウェイト:300 フレーム
■ピクチャ消去:100080 / 60(0)フレーム
■サウンド:BGM22「畑.mid」再生 / 処理時間:40フレーム
■変数操作: V5[水やり済] = 11 + 0


これで水やりイベントの完成です。

スイッチを調べると周りが明るくなりマップが現れるイベント
ScreenShot_2018_1206_00_06_53.pngScreenShot_2018_1206_00_07_07.png

<やり方>
まず普通にマップを描いておきます。
そして並列イベントのチップ処理で、
主人公より上に表示されるチップを全てこのように設定
cp.jpg

全画面黒表示できる画像を用意し、
移動前のマップでそれを-20あたりに表示しておきます
■ピクチャ表示:-20 [左上]ファイル「Fog_BackGround/黒.PNG」 X:0 Y:0 / 0(0)フレーム / パターン 1 / 透 255 / 通常 / 角 0 / 拡 100% / カラー R[100] G[100] B[100]
■場所移動:主人公 ▲マップID20[暗い部屋] X:20 Y:27 [トランジションなし]
■色調変更: R100 G100 B100 / 100フレーム


通常変数「電気ON/OFF」を作り、OFFが0、ONが1と設定して
暗い部屋のキャラクターやイベントを、ONの時のみ表示させるようにしておきます。

そしてスイッチイベントには決定キーで、
■変数操作: 電気ON/OFF変数0 = 1 + 0
■サウンド:SE ファイル[SE/on.mp3] 音 100% 周 100% 再生 / 遅延:0フレーム
■ピクチャ消去:-20 / 50(0)フレーム(全画面黒画像)
■マップチップ通行設定:設定初期化


を入れれば完成☆
マップチップが初期化された時に、通行×のチップの上にいると動けなくなるので、
スイッチイベント周辺は通行〇チップで固めておいて下さい。

受付で宿代を払ったら、後は好きな時にベッドをクリックで寝る、
受付の人も状況に応じた受け答えをするという
ちょっと凝った宿の作り方
ScreenShot_2018_0828_01_48_59.png

<受付の人>
ページ1、2、3を作成、それぞれself0=0、1、2の時、決定キーで実行
ページ1は宿代を払う手続きと、ベッドの就寝イベントのself0=1を代入

■文章:@1\nいらっしゃいませ\n一泊150円です。
■文章選択肢:/ 【1】泊まる / 【2】やめる
-◇選択肢:【1】 泊まる の場合↓
|■イベントの挿入: このEvのセルフ変数1 = コモン20:[ ▲所持金取得 ]
|■条件分岐(変数): 【1】このEvのセルフ変数1 が 150以上
|-◇分岐: 【1】 [ このEvのセルフ変数1 が 150以上 ]の場合↓
| |■ウェイト:20 フレーム
| |■サウンド:SE24「レジ」再生 / 遅延:0フレーム
| |■イベントの挿入: コモン3:[ ○お金の増減 ] / -150 / 0:なし
| |■文章:@1\nありがとうございます。\nでは空いてるお部屋へどうぞ
| |■動作指定:Ev2 / 変数設定このEvのセルフ変数0=1
| |■変数操作: このEvのセルフ変数0 = 1 + 0
| |■イベント処理中断
| |■
|◇分岐終了◇
|■条件分岐(変数): 【1】このEvのセルフ変数1 が 149以下
|-◇分岐: 【1】 [ このEvのセルフ変数1 が 149以下 ]の場合↓
| |■文章:お金が足りません。
| |■
|◇分岐終了◇
|■
-◇選択肢:【2】 やめる の場合↓
|■
◇分岐終了◇


ページ2には「空いてるお部屋へどうぞ」のセリフ、
ページ3には「ありがとうございました」のセリフを入れる。

<ベッド就寝イベント>
self=1の時、決定キー実行で、通常の宿イベントと
受付の人にセルフ変数0=2を代入。

■文章:@1\n今日はもう休みますか?
■文章選択肢:/ 【1】はい / 【2】いいえ
-◇選択肢:【1】 はい の場合↓
|■ウェイト:20 フレーム
|■イベントの挿入: コモン218:[ 宿 ]
|■動作指定:Ev1 / 変数設定このEvのセルフ変数0=2
|■変数操作: このEvのセルフ変数0 = 0 + 0
|■
-◇選択肢:【2】 いいえ の場合↓
|■
-◇キャンセルの場合
|■
◇分岐終了◇


<宿の入り口>
宿の出入り口の移動イベントの中には、
Ev1(受付の人)のself0=2の時(宿泊直後)のみ
self0=0に戻して、宿を出るまでは「ありがとうございます」
宿を出てもう一回入ってくると「宿泊しますか?」に戻るようにしておく。

■条件分岐(変数): 【1】Ev1のセルフ0 が 2と同じ
-◇分岐: 【1】 [ Ev1のセルフ0 が 2と同じ ]の場合↓
|■動作指定:Ev1 / 変数設定このEvのセルフ変数0=0
|■
◇分岐終了◇
■場所移動:主人公 ▲マップID40[町] X:7 Y:23 [トランジション + 暗転有り]


これで割と現実に近い感じの宿イベントが再現できます。
ここではセルフ変数を使っていますが、マップを分ける場合は通常変数を使って
「203号室へどうぞ」という感じにしても、お泊まりワクワク感が増します。