画像素材サイトで使いたいキャラクター画像を見つけたけれど、
背景付きだったり、透過されていないjpgだったり…
という時に、手早く目的のキャラクターだけを切り出せる方法を紹介。
Windows10にもともとついてる「3Dペイント」を使います。

◆参考元/ペイント3Dで合成写真を作る方法!5分で完成!
https://paint.blueskyzz.com/apply/composite-photograph/

(サンプル画像/イラストAC Iさんより)
054.jpg 6416fada.jpeg
背景色と人物の色が似てるので、切り出しの難易度は高めですが
切り出しの範囲をペンツールで選んだり、
消しゴムツールで除外できたりするので
任意の範囲をちゃんと切り出すことができました。

編集画面
775i.jpg
最初にソフトが自動で大まかに切り取ってくれるので、その後に手動で修正。
ペンツールでなぞった部分が切り取り範囲に加えられます。
ボタン一発で切り出してくれるウェブサービスもありますが、
それよりも精度が高く、好きな範囲で切り取れるのでとても便利です。

デメリットとしては選択ミスに後で気づいても
切り出した後は修正不可で最初からやり直しになることと、
選択範囲がけっこうわかりにくいこと、
透過保存のやり方がちょっと面倒なこと、
などがありますが、それでもフリーソフトでこの機能は十分だと思います。

動作のおかしいままFavoでがんばり続けてたけど
ようやくWin10対応のIntuos新しめバージョンを購入
1545161140.jpg

元値は8000円くらい?のやつを中古半額でゲット。
絵の描き心地や操作性はあまりFavoと変わらないですね。
デザインだけスタイリッシュになった感じ。

モニタ22インチでsサイズは小さすぎかなと思ったけど、
以前のSサイズより描画面積が少し広くなってるので
そんな不便も感じることなく普通に使えてます。

良いところは板もペンも軽くて持ち運び◎で場所もあまり取らないこと。
板に4つのショートカットボタンが付いててちょっと便利。
芯の交換キットがペンについてて交換が簡単そう。
必要十分な機能で余計な付属品もなく、良心的な値段設定。
セットアップも簡単、細かい設定画面も分かりやすく初心者に優しい。

自分的に難だったのは
紙に描く感じを再現したかったのか、ペンと板の摩擦感がけっこう激しく
(黒板とチョークみたいな)すぐ芯がすり減りそうな感じ。
今までツルツルの板に慣れてたので、この摩擦感は慣れない。
(今は板にビニールをかぶせて表面ツルツルにして使ってます)
あとPC起動の度に、設定した各種ペン設定が全てリセットされるという
謎のバグが何やっても治らない。それ以外は満足してます


<win10とWacomペンタブの不具合対策>

win10にしてからペンタブの動作がおかしくなったという話が沢山あります。
win10がペンタッチ入力とかタブレットモードだとか
色んなペン関係の機能を追加しまくってしまったために、
競合したり混雑したりで挙動がおかしくなってしまってるようです。

私のペンタブも一部不具合を起こしており
完全に治ってないので参考にできるかわかりませんが
一応調べてやった対策などメモ(ワコムFAVO用)

・ワコムのペンタブレット設定画面(プロパティ)で余計な機能のチェックを全て外す
・コントロールパネル→ペンタッチ画面で余計な機能を全部外す
・座標検出モードをマウスorペンの動作が正常な方を選ぶ
・デジタルインクの使用ON・OFF動作が正常な方を選ぶ
・プログラム→管理ツール→システムでTouch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを無効に
・Winマーク+iで出てくるWin設定画面のデバイスでペンとWindows Inkの余計な項目を外す(視覚効果など)
・同じくWin設定画面のシステム→タブレットモードで正常動作する方を選ぶ
・コントロールパネルのプログラムの追加と削除みたいな所で
ペンタブ関係の余計なプログラムがあれば削除する
タブレットドライバをwin10用の最新のものをインストールし直す
・winアプデで最新状態に更新する

使いたいキャラ画像やモンスター画像を見つけたけど
透過されてなかったりJPEGデータしか公開されてなかった時
手持ちのフリーペイントソフトで簡単に透過させる方法。
(但しこの方法が使えるのはがっつり色付けされているものではなく
線画に近いものに限ります)

04948.png
左/元画像 右/透過後 (画像/イラストAC nszn様)

手持ちのペイントソフトで画像を開き(今回はAzペインター2を使用)
明度・コントラスト調整でコントラストをMAXまで上げます
04948b.png

フィルタ→アルファ操作→明るい色ほど透明にを実行
0498.png
透過されました(毒々しい色は背景色)。
でもちょっと線画が薄くなってしまいましたので

098.png
レイヤをコピーで量産。そしてそのまま重ねると

knk.png
ほぼ元の明度くらいになりますので、後はお好みで色付け。
線画レイヤは乗算にすると良いです。

白黒ハッキリしない淡い色合いのものはうまく透過できないので
素直に消しゴム手作業で周りを消した方がいいです。大変だけど・・

以前ブログでマップチップを縮小する際
αチャンネル有効のままキレイに縮小する術がないと嘆いていたのですが
一括縮小でき、かつ縮小方法も選べる
とても便利なフリーソフトを見つけたので紹介します。

●XnView(http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se492412.html
メイン画面
Xn.jpg
上バーのツール→一括変換を選び

出てきた一括ウィンドウに変換したいファイルを
ドラッグ&ドロップしたら矢印の変形を押します
Xn.png

1でやりたい処理を選び→2でサイズ設定→3で縮小方法を指定
最後に実行を押せば変換されます
Xn2.png

出来上がった画像がボヤけすぎてたり
クッキリすぎたら縮小方法を変更して試行錯誤してみてください。
自分の場合はまず最短距離法(かなりクッキリ)を試してクッキリしすぎてたら
バイリニア法(少しまろやかにボヤける感じ)で縮小します。
サイズ変更以外にも画質変更や反転、明るさ変更など色々できます。

前回の顔グラ加工の方法につきまして
もう少し詳しくという声をいただいたので
ちょっとだけ追加です。

使うソフトはTvg(Ver1.05)とAzペインターですが
Tvgの方が今は結構探さないと手に入らないかもしれません。
にじみ加工やぼかし加工、モザイク加工などの
画像処理ができるソフトならなんでもいいので、
お手持ちの画像加工ソフトで代用してください。

画像加工ソフトで、にじみ、モザイク、ぼかし、水彩
などお好みのエフェクトで、こんな感じの画像をいくつか作ります。

k11k14

これと元の画像をレイヤー機能付きのペイントソフトで重ねます。
重ねる元画像(前回と同じとくだ屋さんの素材です)
k1

<重ね方の例>
無l3
置き焼き
無l
ピンライト
無l2
ビビッドライト

一番下に加工画像を置き、その上に元画像を
ビビッドライトやピンライトなどお好みで重ね
多分かなりぼやけるので、少しクッキリさせるため
もう一枚元画像を上に乗算で透明度半分くらいで重ね、
消えてしまった鼻や口、眉毛などを一番上のレイヤーに手書きで書き足す。
主線からはみ出てる部分を消したい場合は消しゴムで消すか
レイヤー操作→他レイヤとの操作→対象レイヤで透明な部分を透明に
ではみだし部分が消えます。

無l8
元の加工画像


重ねて処理した後
題55

k24k21

色味もお好みで

アニメ塗りの普通の顔グラにちょっと手を加えて
アートっぽくファンタジーな感じにしようという試み

今回使うのはとくだ屋さん
http://tokudaya.net/index.htmlの立ち絵素材
立ち絵女子③哀-制服

使用ソフトはTvgという画像加工フリーソフト(Ver1.05)と
レイヤー機能のついたペイントソフトなんでも

Tvgのアーティスティック効果のアートブラシで
アートな感じに加工していくつか保存します。
sg1

それと元の絵をレイヤー機能つきソフトで重ねて
(ハードライトや加算・乗算などお好みで)
色調整すればできあがり☆

sg6 sg7
sg10 立ち絵女子③哀-制服
元の(右下)と比べたら、だいぶファンタジーな雰囲気に
なったんじゃないでしょうか
輝度を上げると鼻や口が消えやすいので、
消えてしまったらペンで書き足してぼかします。

pe1.png az1.png
(画像は白洋菓子店様のフリーマップチップ素材
http://www5.hp-ez.com/hp/white-patisserie/)

フリーで出回ってるツクール向けのマップチップ素材は
320×240のウディタで使おうと思ったら、
サイズを縮小しないといけません。
で発見したんですが自分が使ってるAzペインタで縮小すると
右画像のようにちょっとボヤけてしまうんですが、
ウインドウズ付属のペイントで縮小すると、
Azより綺麗に縮小できるようです。
でも、Winペイントはαチャンネル付きPng保存機能がないため
このままでは使うことができないので、結局両方のソフトで
縮小したものを、Azペインタでレイヤー分けて開き(ペイントが上)
ペイントの方の白部分を地道に消しゴムで消していく
というくそ面倒くさい方法で自分の場合はやってます。
他に良いフリーソフトがあればいいんですが
αチャンネルつきで保存できるフリーソフトってなかなかないんですよね・・

※追記(その後便利な一括縮小ソフトを発見し
こちらで紹介&簡単に使い方解説しています)
http://amntudi.blog.fc2.com/blog-entry-161.html

シンボルエンカウントに使えそうな
黒シルエットキャラチップの作り方


使うソフトはフリーソフトのAzペインター2
このソフトはマス目表示、α付きPNG保存ができるので
マップチップ加工や、顔グラ作成、戦闘アニメーション加工にも便利。

まずシルエットにしたいキャラチップを開き、
新しいレイヤーを作成して黒で塗りつぶします。


そしたら、上バーのフィルタ→アルファ操作→他レイヤと操作で
この項目を選びます。

すると


できあがり☆カンタンですね。

あとはこれを背景色透過でPNG保存してください。
1色しか使ってないので、アルファ付きPNG保存でなくても大丈夫です。

顔グラ作成や、ボカし効果を使ったり、
透過を使った場合はアルファ付きで保存してください。