ランダムエンカウントとシンボルエンカウントの
長所短所、それぞれ気をつけることなどをまとめてみた

<ランダムエンカウント>

・設置がとても楽。後からの修正も簡単
・敵キャラチップを用意しなくていい
・マップの形を好きに作れる(1マスの道でも問題なし)
・どんなプレイヤーにも一律のエンカウントをさせられる
・アイテムで敵を出ない仕様にすることも可能


・マップ上に動くものがなく寂しい印象
(障害物を多めに置いたり、小さめに作らないとスカスカ感が出る)
・戦闘BGMがデフォルトで一曲しか使えない
・敵グループが3つまでしか出現させられない
・強制エンカウントなのでイラっとするプレイヤーも

<シンボルエンカウント>

・地味でスカスカなマップでも、動くものが多いだけで賑やかになる
・プレイヤーのお好みでエンカウント可能(レベル上げ作業時も楽)
・何種でも敵グループを配置可能
・戦闘BGMが個別に設定可能
・撃破後の演出なども自由に作れる


・設置が面倒(動作指定やチップ画像設定など)で、設置後の修正も大変
・敵キャラチップを全てに用意しなければならない
・よけるのに最低3,4マスの道を確保しなければならないのでマップは大きめになる
・他イベントに接触しないようにとか、ここから先に入ってこないようになど
敵キャラチップの動作を考えマップを工夫して作らなければならない
関連記事

ついてくるけど戦闘には参加しない仲間

カーソル合わせるとアニメーション

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://amntudi.blog.fc2.com/tb.php/233-e220f0a0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)