ウディタ付属のオートマップ生成機能
自分はたまにしか使いませんが、一応
自分流の使い方を載せておきます。

<洞窟の場合>
レイヤー1に地面タイルをバケツ塗り。
レイヤー2に天井タイルをバケツ塗り。
オート機能設定画面で
vaut1.jpg
こんな感じでマップ生成する(床は0番の透明タイル)

vaut2.jpgvaut5.jpg
こんな感じで生成されるので→適当に整えて完成(道広めが好きなのでかなり改変)

<森の場合>
ウディタチップの森の場合、森の高さが3マス分あるため
オート生成ではかなり作り辛くなっています。
mn1.jpg
葉の部分が天井タイルに重なるように配置しないといけません。

壁タイル上下で木の幹を設定して描画し
後で葉部分を書き足してもいいのですが、普通に描くより面倒です。
なので自分が森を描く時にオート生成を使うなら
レイヤー1に地面タイルをバケツ塗り、
レイヤー3に天井タイルをバケツ塗り、
オート機能設定画面で
vaut6.jpg
こんな感じでマップ生成する(壁と床は0番の透明タイル)

すると道だけができるので、レイヤー2に縦3マスセットの木タイルを描いていきます。
vaut10.jpgvaut12.jpg
後は装飾物を書き足して完成。
装飾品を書き足すと、すぐに道が狭くなるので
特にシンボルエンカウントの場合は広めに描いた方がいいかも。
mn4mn3.jpgmn2.jpg
関連記事

大きいキャラチップの難

ついてくるけど戦闘には参加しない仲間

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://amntudi.blog.fc2.com/tb.php/235-473aae0b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)