見るだけ文字だけのシンプルな一覧リストの作り方。
ScreenShot_2016_1104_18_05_19.png
↓キーを押すと次ページへ移動します
今回は2ページ分で作ります

ウィンドウズベースとピクチャ表示で文字表示を使ってリストを表示、
キー入力待ちと条件分岐でページ移動します。

<決定キーイベントを1個作成>
●ラベル地点「最初」 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<★
■条件分岐(変数): 【1】このEvのセルフ変数2 が 0と同じ
-◇分岐: 【1】 [ このEvのセルフ変数2 が 0と同じ ]の場合↓
|■変数操作: Sys8:基本フォントサイズ = 8 + 0
|■ピクチャ表示:5000 [中心]ウィンドウ「SystemFile/WindowBase.png」サイズ[300,210] X:160 Y:120 / 0(0)フレーム / パターン 1 / 透 255 / 通常 / 角 0 / 拡 100% / カラー R[100] G[100] B[100]
|■ピクチャ表示:5001 [左上]文字列[おひつじ座\nおうし] X:20 Y:40 / 0(0)フレーム / パターン 1 / 透 180 / 通常 / 角 0 / 拡 100% / カラー R[100] G[100] B[100]
|■ピクチャ表示:5002 [左上]文字列[アルゴ座\nうさぎ座] X:90 Y:40 / 0(0)フレーム / パターン 1 / 透 180 / 通常 / 角 0 / 拡 100% / カラー R[100] G[100] B[100]
|■ピクチャ表示:5003 [左上]文字列[さいだん座\nみなみ] X:160 Y:40 / 0(0)フレーム / パターン 1 / 透 180 / 通常 / 角 0 / 拡 100% / カラー R[100] G[100] B[100]
|■ピクチャ表示:5004 [左上]文字列[こぐま座\nこと座\n] X:230 Y:40 / 0(0)フレーム / パターン 1 / 透 180 / 通常 / 角 0 / 拡 100% / カラー R[100] G[100] B[100]
|■ピクチャ表示:5005 [中心]文字列[↓↓↓] X:160 Y:200 / 0(0)フレーム / パターン 1 / 透 200 / 通常 / 角 0 / 拡 100% / カラー R[100] G[100] B[100]
|■キー入力:このEvのセルフ変数1 / [入力待ち] 4方向 キャンセル(11)

|■条件分岐(変数): 【1】このEvのセルフ変数1 が 2と同じ 【2】このEvのセルフ変数1 が 11と同じ
|-◇分岐: 【1】 [ このEvのセルフ変数1 が 2と同じ ]の場合↓
| |■変数操作: このEvのセルフ変数2 = 1 + 0
| |●ラベル「最初」に飛ぶ >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
| |■
|-◇分岐: 【2】 [ このEvのセルフ変数1 が 11と同じ ]の場合↓
| |■ピクチャ消去:5000 ~ 5005 / 0(0)フレーム
| |■変数操作: Sys8:基本フォントサイズ = 12 + 0
| |■
|-◇上記以外
| |●ラベル「最初」に飛ぶ >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
| |■
|◇分岐終了◇
|■
◇分岐終了◇
■条件分岐(変数): 【1】このEvのセルフ変数2 が 1と同じ
-◇分岐: 【1】 [ このEvのセルフ変数2 が 1と同じ ]の場合↓
ここに赤文字コピペしてリスト内容だけ変える
|■条件分岐(変数): 【1】このEvのセルフ変数1 が 8と同じ 【2】このEvのセルフ変数1 が 11と同じ
|-◇分岐: 【1】 [ このEvのセルフ変数1 が 8と同じ ]の場合↓
| |■変数操作: このEvのセルフ変数2 = 0 + 0
| |●ラベル「最初」に飛ぶ >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
| |■
|-◇分岐: 【2】 [ このEvのセルフ変数1 が 11と同じ ]の場合↓
| |■ピクチャ消去:5000 ~ 5005 / 0(0)フレーム
| |■変数操作: Sys8:基本フォントサイズ = 12 + 0
| |■変数操作: このEvのセルフ変数2 = 0 + 0
| |■
|-◇上記以外
| |●ラベル「最初」に飛ぶ >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
| |■
|◇分岐終了◇
|■
◇分岐終了◇


ややこしくてよくわからない人は、続きにイベントコード置いておくので
コピペしてお好みで編集してください。

(コピーしてウディタイベント編集画面で右クリ→コード貼り付け)
WoditorEvCOMMAND_START
[212][0,1]<0>()("最初")
[111][4,0]<0>(1,1100002,0,2)()
[401][1,0]<0>(1)()
[140][4,0]<1>(288,0,0,0)()
[180][1,0]<1>(15)()
[121][4,0]<1>(9000008,8,0,0)()
[150][11,1]<1>(4144,5000,0,300,210,1,255,160,120,100,0)("SystemFile/WindowBase.png")
[150][11,1]<1>(32,5001,0,1,1,1,180,20,40,100,0)("おひつじ座<\n>おうし座<\n>ふたご座<\n>かに座<\n>しし座<\n>おとめ座<\n>てんびん座<\n>さそり座<\n>いて座<\n>やぎ座<\n>みずがめ座<\n>うお座")
[150][11,1]<1>(32,5002,0,1,1,1,180,90,40,100,0)("アルゴ座<\n>うさぎ座<\n>うみへび座<\n>エリダヌス座<\n>おおいぬ座<\n>おおかみ座<\n>オリオン座<\n>からす座<\n>くじら座<\n>ケンタウルス座<\n>こいぬ座<\n>コップ座")
[150][11,1]<1>(32,5003,0,1,1,1,180,160,40,100,0)("さいだん座<\n>みなみのうお座<\n>かんむり座<\n>おひつじ座<\n>おうし座<\n>ふたご座<\n>かに座<\n>しし座<\n>おとめ座<\n>てんびん座<\n>さそり座<\n>いて座")
[150][11,1]<1>(32,5004,0,1,1,1,180,230,40,100,0)("こぐま座<\n>こと座<\n>さんかく座<\n>はくちょう座<\n>ペガサス座<\n>へび座<\n>へびつかい座<\n>ヘラクレス座<\n>ペルセウス座<\n>や座<\n>りゅう座<\n>わし座")
[150][11,1]<1>(4128,5005,0,1,1,1,200,160,200,100,0)("↓↓↓")
[180][1,0]<1>(2)()
[123][2,0]<1>(1100001,161)()
[111][7,0]<1>(18,1100001,2,2,1100001,11,2)()
[401][1,0]<1>(1)()
[121][4,0]<2>(1100002,1,0,0)()
[140][4,0]<2>(288,0,0,0)()
[213][0,1]<2>()("最初")
[0][0,0]<2>()()
[401][1,0]<1>(2)()
[180][1,0]<2>(1)()
[150][6,0]<2>(16777218,5000,0,0,0,5005)()
[121][4,0]<2>(9000008,12,0,0)()
[140][4,0]<2>(544,0,0,0)()
[0][0,0]<2>()()
[420][1,0]<1>(0)()
[213][0,1]<2>()("最初")
[0][0,0]<2>()()
[499][0,0]<1>()()
[0][0,0]<1>()()
[499][0,0]<0>()()
[111][4,0]<0>(1,1100002,1,2)()
[401][1,0]<0>(1)()
[121][4,0]<1>(9000008,8,0,0)()
[150][11,1]<1>(4144,5000,0,300,210,1,255,160,120,100,0)("SystemFile/WindowBase.png")
[150][11,1]<1>(32,5001,0,1,1,1,180,20,40,100,0)("アンドロメダ座<\n>いるか座<\n>うしかい座<\n>おおぐま座<\n>カシオペヤ座<\n>かんむり座<\n>ケフェウス座<\n>ぎょしゃ座<\n>こうま座<\n>こぐま座<\n>こと座<\n>さんかく座<\n>はくちょう座<\n>ペガスス座<\n>へび座")
[150][11,1]<1>(32,5002,0,1,1,1,180,90,40,100,0)("おひつじ座<\n>おうし座<\n>ふたご座<\n>かに座<\n>しし座<\n>おとめ座<\n>てんびん座<\n>さそり座<\n>いて座<\n>やぎ座<\n>みずがめ座<\n>うお座")
[150][11,1]<1>(32,5003,0,1,1,1,180,160,40,100,0)("やぎ座<\n>みずがめ座<\n>うお座<\n>アンドロメダ座<\n>いるか座<\n>うしかい座<\n>おおぐま座<\n>カシオペヤ座<\n>かんむり座<\n>ケフェウス座<\n>ぎょしゃ座")
[150][11,1]<1>(32,5004,0,1,1,1,180,230,40,100,0)("へびつかい座<\n>ヘルクレス座<\n>ペルセウス座<\n>や座<\n>りゅう座<\n>わし座<\n>おひつじ座<\n>おうし座<\n>ふたご座<\n>かに座<\n>しし座<\n>おとめ座<\n>てんびん座<\n>さそり座<\n>いて座")
[150][11,1]<1>(4128,5005,0,1,1,1,200,160,25,100,0)("↑↑↑")
[180][1,0]<1>(2)()
[123][2,0]<1>(1100001,161)()
[111][7,0]<1>(18,1100001,8,2,1100001,11,2)()
[401][1,0]<1>(1)()
[180][1,0]<2>(1)()
[121][4,0]<2>(1100002,0,0,0)()
[140][4,0]<2>(288,0,0,0)()
[213][0,1]<2>()("最初")
[0][0,0]<2>()()
[401][1,0]<1>(2)()
[180][1,0]<2>(1)()
[150][6,0]<2>(16777218,5000,0,0,0,5005)()
[121][4,0]<2>(9000008,12,0,0)()
[140][4,0]<2>(544,0,0,0)()
[121][4,0]<2>(1100002,0,0,0)()
[0][0,0]<2>()()
[420][1,0]<1>(0)()
[213][0,1]<2>()("最初")
[0][0,0]<2>()()
[499][0,0]<1>()()
[0][0,0]<1>()()
[499][0,0]<0>()()
WoditorEvCOMMAND_END
関連記事

ダメージを1以上にする

チップ処理以外で通行○×を変更

comment iconコメント

comment avater

あまなつ

返信

ページを増やすのはちょっとややこしくなりますが、一番最初の
■条件分岐(変数): 【1】このEvのセルフ変数2 が 0と同じ
の塊をコピーして既存の1ページ目と2ページ目の間にペーストし
それを■条件分岐(変数): 【1】このEvのセルフ変数2 が 1と同じ
にしてその下の塊を
■条件分岐(変数): 【1】このEvのセルフ変数2 が 2と同じ
にします。そして真ん中の塊(2ページ目にあたる)の中に
キー入力受付で、次ページに移動する設定と、
↑キーを押すと●ラベル「最初」に飛ぶ >>>>>を入れ、
最後のページには↑キーを押すと2ページ目が
表示されるように設定します(ラベルを使って)

初心者には難しい部類だと思います。
上の説明でわからなければコモンイベントにも
リストっぽいものがありますので、
そちらの導入をおすすめします。
「メモ帳」で検索するといくつか出てくると思います。

2017/03/04 16:46

comment avater

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/14 17:06

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://amntudi.blog.fc2.com/tb.php/251-6578a0d1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)