一定時間ごとに地面から火が噴出し、
当たるとダメージをくらうイベントの作り方。
ScreenShot_2017_0517_20_51_01.png

用意するマップイベントは、噴火の時間管理をする並列イベント1個と
噴火画像のイベント×置きたい噴火数分(プレイヤー接触)
マップのレイヤー2か3に穴を描いて
その上に噴火画像のキャラチップを置く。
変数「噴火」を作っておき、中身は

<ページ1>変数「噴火」が1の時、セルフ0=0の時、プレイヤー接触
ひ
■サウンド:SE ファイル[SE/ダメージ音.wav] 音 50% 周 100% 再生 / 遅延:0フレーム
■キャラエフェクト:主人公[フラッシュ] R100/G0/B0 (15)フレーム
■イベントの挿入: コモン4:[ ○回復・ダメージ処理 ] / 1:HPの回復・減少 / -1:パーティ全員 / -10
■変数操作: このEvのセルフ変数0 = 1 + 0

火柱にぶつかるとダメージ音がなり、主人公が赤く光り、
パーティ全員が10のダメージを負います。
連続ダメージを防ぐために、一度ぶつかると少しだけ
無敵時間を挟んでいます。そのための処理が

<ページ2>変数「噴火」が1の時、セルフ0=1の時、並列実行
■ウェイト:40 フレーム
■変数操作: このEvのセルフ変数0 = 0 + 0


この噴火イベントをコピペして、起動条件の
変数「噴火」の0と1を入れ替えたバージョンを作って置くと、
交互に噴火させることができます。

噴火の時間管理をする並列イベントは、画像なし並列で
■ループ開始
|■変数操作: V2-6[噴火] = 1 + 0
|■ウェイト:80 フレーム
|■変数操作: V2-6[噴火] = 0 + 0
|■ウェイト:100 フレーム
|■
◇ループここまで◇◇


ダンジョン内の適当な所に置いておけばできあがりです。

関連記事
 

戦闘画面の顔グラ・HPバーの位置を変える

ある条件でのみ使える技・必殺技【戦闘】

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://amntudi.blog.fc2.com/tb.php/259-8800e38c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)