前に書いた動く遠景のダンジョン。
遠景
これは異世界感を出すのになかなか使える仕掛けですが
ピクチャ表示ならではので注意点があります。

<マップ移動時に暗転してくれない>
遠景画像だと移動時の暗転で一緒に消えてくれますが
ピクチャ表示だと一緒に消えてくれません。
なのでピクチャ表示を使って手動で消さないといけないんですが
別の並列でピクチャを動かしてるので、うまいこと消す手順がが
かなりややこしいことになります。
なので、ピクチャ表示は消さずに、
強制で画面を暗くする方法を使って移動させます。

320×240の真っ黒画像を用意し、移動イベントの中身をこうします。
■ピクチャ表示:105000 [左上]ファイル「Fog_BackGround/黒.PNG」 X:0 Y:0 / 15(0)フレーム / パターン 1 / 透 255 / 通常 / 角 0 / 拡 100% / カラー R[100] G[100] B[100]
■ウェイト:20 フレーム
■場所移動:主人公 ▲マップID84[マップ2] X:31 Y:33 [トランジションなし]
■ウェイト:15 フレーム
■ピクチャ消去:105000 / 20(0)フレーム


黒画像を一番上(ピクチャ番号10万以上)に表示させ、
強制的に真っ黒にした後にトランジションなしで移動後、黒画像を消す。
このダンジョンの全ての移動イベントの中身をこの方式にします。

<戦闘時重くなる>
並列で遠景ピクチャを動かし続けているので、
戦闘アニメーションがたくさん再生される戦闘時には
動作が重くなったりします。
なので戦闘時のみ並列イベントを停止させるようにします。

■変数操作: V4[動く背景] = 0 + 0
■ピクチャ表示:20100 [左上]ファイル「Fog_BackGround/黒.PNG」 X:0 Y:0 / 10(0)フレーム / パターン 1 / 透 255 / 通常 / 角 0 / 拡 100% / カラー R[100] G[100] B[100]
■イベントの挿入: このEvのセルフ変数1 = コモン28:[ ◆バトルの発生 ] / 63:胎臓クリーチャ / 0:逃走可能 / 0:ゲームオーバーEvへ / -3:<デフォルトBGM>
■条件分岐(変数): 【1】このEvのセルフ変数1 が 0と同じ 【2】このEvのセルフ変数1 が 1と同じ
-◇分岐: 【1】 [ このEvのセルフ変数1 が 0と同じ ]の場合↓
|■変数操作: このEvのセルフ変数0 = 1 + 0
|■変数操作: V4[動く背景] = 1 + 0
|■
-◇分岐: 【2】 [ このEvのセルフ変数1 が 1と同じ ]の場合↓
|■変数操作: V4[動く背景] = 1 + 0
|■変数操作: このEvのセルフ変数0 = 2 + 0
|■
◇分岐終了◇


変数「動く背景」=1の時のみ並列イベントが動くようにしておきます。
戦闘前に=0にして停止、戦闘後に=1で再開させます。
2行目の黒画像表示ピクチャは、移動時と同様
ピクチャが暗転で暗くなってくれないために挟んであります。
(自分の場合は戦闘開始トランジションを使ってるので
コモン188X◆戦闘処理の最初の方に、
黒画像消去のコマンドを入れて使ってますが
必要ない場合は入れなくて大丈夫です)
関連記事

順番どおりに通る

MapData使ってないファイルだけを除去

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://amntudi.blog.fc2.com/tb.php/272-3fe5ad28

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)