ウディタデフォルトのマップでの毒ダメージは
1歩ごとに1ダメージ以上でしか設定できないため
少し歩くとすぐにHPが減ってあっという間に死んでしまいます。
なので5歩ごとや10歩ごとにダメージを食らう設定にする方法。
今回は10歩ごとにUDB状態異常で設定した毒ダメージを
1回分食らう設定で作ってみます。

通常変数「hpカウンタ」を作り、コモン076X[移]状態更新の36行目に
■変数操作: CSelf1[hpカウンタ] += 1 + 0
■条件分岐(変数): 【1】CSelf1[hpカウンタ] が 20以上
-◇分岐: 【1】 [ CSelf1[hpカウンタ] が 20以上 ]の場合↓
■可変DB書込:DB[主人公ステータス:CSelf20[処理中キャラID]:HP] += CSelf24[一歩のHP自然変動値]
■可変DB書込:DB[主人公ステータス:CSelf20[処理中キャラID]:HP] 上限 CSelf32[最大HP]
■可変DB書込:DB[主人公ステータス:CSelf20[処理中キャラID]:HP] 下限 0
■変数操作: CSelf13 = -2 - CSelf21[処理中順番]
■変数操作: CSelf1[hpカウンタ] = 0 + 0

◇分岐終了◇


と入れます(デフォルトの半歩移動で計算して20歩ごとのダメージにしています)
これで毒状態の時に、マップで歩くと10歩ごとに毒ダメージを食らうようになりました。
ただこの設定だけだと画面演出がないため、毒ダメージ感がありません。
毒ダメージ演出はお好みで■変数操作: CSelf1[hpカウンタ] = 0 + 0
の下に加えてもらえばOKですが、ここでは2通りの演出を挙げてみます。

<その1/画面が赤くフラッシュ+ダメージ音>
変数「動作指定対象」を作り、
■変数操作:CSelf13[動作指定対象] = -2 - CSelf21[処理中順番]
■イベントの挿入:コモン49:[X[共]システムSE再生] / 51:ダメージ音
■キャラエフェクト:キャラ[CSelf13[動作指定対象]][フラッシュ] R0/G-250/B0 (20)フレーム


<その2/ダメージ数をポップアップさせる>
変数「動作指定対象」を作り、
■変数操作:CSelf13[動作指定対象] = -2 - CSelf21[処理中順番]
■変数操作+: CSelf2 = キャラ[CSelf13] の 画面X座標
■変数操作+: CSelf3 = キャラ[CSelf13] の 画面Y座標
■変数操作: CSelf24[一歩のHP自然変動値] 絶対値= CSelf24[一歩のHP自然変動値] + 0
■イベントの挿入: コモン96:[ X[移]ダメージ・回復ポップアップ ] / CSelf2 / CSelf3 / CSelf24[一歩のHP自然変動値] / 0:HPダメージ


<注意>
パーティ人数が多く、複数人毒にかかってたりすると
上記毒演出がメンバー毎に発動されるので、移動中やかましくなったり
ポップアップで画面が見えにくくなったりするので
パーティ人数が多い場合は派手な毒演出はあまりおすすめしません。


◆毒ダメージ軽減案&ポップアップ法/情報提供byユウさん
関連記事

今いる座標を取得&記憶

決まった場所から話かけてもらう

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://amntudi.blog.fc2.com/tb.php/287-12216443

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)