ウディタデフォルトでは、戦闘後のHP・SPの扱いは
全回復か何もしないの2通りしかありませんが、
例えば30%ずつ回復させたい時のやり方。
方法は2つあります。


<その1/コモンの戦闘後処理に組み込む方法>
コモン201X┗◆戦闘終了処理の57行目の
戦闘後HP・SP補正の箇所を

| | |■変数操作: CSelf11 = CSelf19[戦闘後HP・SPの扱い] / 10
| | |■変数操作: CSelf11 *= 10 + 0
| | |■変数操作: CSelf19[戦闘後HP・SPの扱い] %= 10 + 0
| | |■条件分岐(変数): 【1】CSelf19[戦闘後HP・SPの扱い] が 1のビットを満たす
| | |-◇分岐: 【1】 [ CSelf19[戦闘後HP・SPの扱い] が 1のビットを満たす ]の場合↓
| | | |■DB読込(可変): CSelf40[一時HP] = 可変DB[×主人公一時DB:CSelf20[対象ID]:[一時]計算済みMaxHP]
| | | |■変数操作: CSelf40[一時HP] /= 100 / CSelf11
| | | |■可変DB書込:DB[主人公ステータス:CSelf20[対象ID]:HP] 下限 CSelf40[一時HP]
| | | |■
| | |◇分岐終了◇
| | |■条件分岐(変数): 【1】CSelf19[戦闘後HP・SPの扱い] が 2のビットを満たす
| | |-◇分岐: 【1】 [ CSelf19[戦闘後HP・SPの扱い] が 2のビットを満たす ]の場合↓
| | | |■DB読込(可変): CSelf41[一時SP] = 可変DB[×主人公一時DB:CSelf20[対象ID]:[一時]計算済みMaxSP]
| | | |■変数操作: CSelf41[一時SP] /= 100 / CSelf11
| | | |■可変DB書込:DB[主人公ステータス:CSelf20[対象ID]:SP] 下限 CSelf41[一時SP]
| | | |■
| | |◇分岐終了◇


に書き換えます。元のやつは消して下さい。
次にユーザデータベース17の20「戦闘後のHP・SPの扱い」の
プルダウンメニューを変更します。
タイプの内容設定ボタンを押し→項目名20の「▼特」ボタンを押す
するとデータ内容の編集画面が出てきますので、
hpsp.png
オレンジの部分を下記のように編集します。

[0]:<何もしない>
[31]:HP30%回復・SPそのまま
[32]:HPそのまま・SP30%回復
[33]:HP・SP共に30%回復
[101]:HP全快・SPそのまま
[102]:HPそのまま・SP全快
[103]:HP・SP共に全快


これで戦闘後に自動でHP・SPが30%回復するようにできます。
この方法では逃走の場合も回復しますが、
勝利時のみ回復させたい場合は、次の方法をどうぞ。


<敵シンボルに割合回復を組み込む方法>
そのままですが、敵シンボルイベントの中に、
条件分岐で勝利時のみ現HP・SPを取得し1/3にして
その数値をダメージ処理で回復させる処理を入れます。

■DB読込(可変): このEvのセルフ変数1 = 可変DB[主人公ステータス:1:7](キャラ1:最大HP)
■変数操作: このEvのセルフ変数2 = このEvのセルフ変数1 / 3
■イベントの挿入: コモン4:[ ○回復・ダメージ処理 ] / 1:HPの回復・減少 / 1:キャラ1 / このEvのセルフ変数2
■DB読込(可変): このEvのセルフ変数1 = 可変DB[主人公ステータス:1:9](キャラ1:最大SP)
■変数操作: このEvのセルフ変数2 = このEvのセルフ変数1 / 3
■イベントの挿入: コモン4:[ ○回復・ダメージ処理 ] / 2:SPの回復・減少 / 1:キャラ1 / このEvのセルフ変数2


1行目の設定
hpsp3.jpg

2行目
hpsp2.jpg

ダメージ処理の何ポイント?には1100002と入れます。
キャラ一人につきこの6行セットが必要なので
コピペでパーティ人数分作り、中身の対象キャラを変更します。

(方法その1の情報提供/byユウさん)
関連記事

選択肢の前に間を入れる(キー連打ミス予防)

セーブデータにマップ名を表示させる

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://amntudi.blog.fc2.com/tb.php/288-c52e401f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)